名刺作りに必要なものをピックアップ

自宅や勤務先で名刺を作るのであれば、最低限必要になる物があります。プリンターは必須で、専用紙は、ネットモール、ホームセンターや家電量販店、文房具店でも入手できますが、用紙の設定がしやすい大手メーカーの汎用品を選ぶといいでしょう。作成するためのソフトは、ワープロソフトや表計算ソフト等のビジネスソフトでもできますし、年賀状を作るためのはがき作成ソフトでも簡単にできる場合があります。ソフトがない場合や設定が難しい場合は、用紙メーカーが提供している無料の作成ソフトを使うと、初めての作る方でもやりやすいでしょう。メーカーサイトからダウンロードするか、インターネットの常時接続が可能であれば、メーカーサイト上から利用できるクラウドタイプのソフトも用意されていることがあります。パソコンがない場合は、スマートフォン用の作成アプリがあるメーカーを使うといいでしょう。

名刺の作り方のコツとデザインに便利なサイト

ビジネスソフトやハガキ作成用のソフトの中には、用紙メーカーの型番を入れるだけで、容易に印刷設定ができる物もありますが、ルーラーを表示して、目盛りを確認しながら設定することも可能です。A4サイズの用紙に10枚分できる用紙が多いですが、1枚分のデータを作り、他の9枚分に差し込み印刷ができますし、データをグループ化して1まとめにし、コピーして貼り付けをしてもいいでしょう。専用ソフトを利用する場合には、出来上がりを確かめながら、画面に従って、背景やイラストを指定したり、文字を入力して形を作っていきます。写真や図を入れたい場合には、枠を設定してその中にデータを入れられます。レイアウトやデザインを考えるのが大変な場合は、ソフトの会社やプリンターのサイトから無料で利用できる場合がありますし、無料で利用できるデザインを提供するサイトもあります。法人の無償利用もできる所もありますので、仕事用にも使える所も多いです。

印刷に関する注意と用紙について

名刺の用紙は、プリンターの種類によって分かれます。インクジェット用かレーザー用か確認をして購入しましょう。また、印刷後に、カッターやはさみで切り分けるタイプは安価ですが、切り口がまっすぐにならなかったり、毛羽だって汚くなってしまったりするため、ミシン目やカット線が入っている物の方が望ましいでしょう。ミシン目等が入っている場合は、裏面を印刷する時に、端から一定の範囲は印字ができない仕様になっている用紙があります。裏に情報を入れたい場合には、印刷範囲にも気を配ってデザインするように気をつけましょう。万が一、プリンターが破損して印刷できない時には、コンビニの印刷機を使うことができますが、用紙を利用するのは難しいです。データをメモリ等に保存して、備え付けの写真用紙を利用して印刷するようにしてください。サイズの調整が難しい場合があるので、初心者には困難な場合があります。