こんな名刺はインパクトがあっておすすめです

名刺は相手に自分の存在を印象付ける上で非常に重要なものです。一般的に企業の営業マンなどが使用する場合には企業のブランドイメージがある為画一的なデザインのものが主流ですが、独立して事業を行う人や、個人で活動する人の中にはデザイン性の高い物の方が相手に対する印象を強く与えるため有利と言われています。その工夫は色々な部分で表すことが可能であり、素材に工夫を凝らした物から形に変化を加えたもの、再利用出来るものまでさまざまで、その方法を知ることにより自分を強く印象付けることが出来るものです。中には意外性を強くうちだしているものも多く、発想を変えることで強いインパクトを与えることが出来るのです。いくつかの事例を知ることで、自分を印象付けるための強力なものを作ることが可能になります。

常識を破った新しい感覚が重要です

名刺のイメージを聞かれた場合に長方形の画一的なサイズで表面に名前と連絡先が印刷されているというものをイメージする人は多いものです。しかし、単に名前と連絡先を知るためのものであれば、形状を変えることもインパクトを与える上では非常に有効な方法です。長方形のものが多い中で正方形にしたり丸型にしたりすることはよく行われますが、さらに特殊な形状にすることで目立つ上に収納場所に困ってしまうような形にするのも一つの方法です。さらに高いデザイン性を持たせて、裏返しでもデスクの上に飾れる様な形状にすれば、顧客の目につくところに置かれることになり、非常に印象が強い物となるのです。また、コースターのように再利用出来るものとすることで日常的に利用してもらい、強く印象付けることが出来るものも有ります。

素材を変えることで扱い易いものを作る事が可能です

顧客の中には名刺をきちんと整理して収納することを好む人も少なくありません。特に日本の企業の場合にはその形状が画一化しており、決まった形状でないと悪い印象を与えてしまうことも多いものです。そのような顧客と取引の多い場合には、形状を変えずに素材に工夫をして印象を強く与える方法が好まれることも多いものです。取り扱う商品の素材を利用した物や、デザイン会社であれば透明なシートにデザイン性の高い印刷を施したもの、またエンボス加工で立体的な印刷を施した物なども強い印象を与えるため、効果的なものとなります。素材を工夫することで一般的な紙とは持った質感を変えることが出来るためその印象を相手に強く残すことが出来、さらにデザインに凝ることで視覚での印象を強くするという二重の効果を生み出すことが出来ます。